Googleが定義する「みんなが素晴らしい管理者と認める8つの行動(オキシゲン・エイト)」


WIRED VOL. 7に面白いことかいてあった。

天下のGoogleが「良き上司(=良き管理者)」を従業員にインタービューしながら分析したんだそうだ。
その結果が以下のもの。

  • 1.良い指導者でること
  • 2.細かい事まで口出ししないこと
  • 3.従業員の幸せに関心があると態度で示すこと
  • 4.生産的で結果志向であること
  • 5.チームの話に耳を傾けること
  • 6.従業員のキャリア開発を支援すること
  • 7.明確なビジョンをもっていること
  • 8.最低限の専門的技術をもつこと

ちなみに「8.最低限の専門的技術をもつこと」が項目のなかで一番重要視されていなかったそうだ。つまり管理者としてふさわしい人間は、「仕事」に向き合う事よりも、「仕事をする人間(=部下という人間)」に向き合う事が重要だということ。言いかえれば、「仕事」を大切にするのではなく、「仕事をする部下という人間」を大切にすることが一番重要である、ということだ。Googleで「オキシゲン・エイト」と呼ばれる評価基準は、実際にGoogleの人事体制を決定する評価基準として使われているそうだ。

あなたが所属している組織、もしくはあなたの会社の組織体制ではどうだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です