iPadやiPhoneの液晶保護フィルム(液晶保護シート)をキレイに張る方法


iPadやiPhoneの液晶保護フィルム(液晶保護シート)をズレずに、気泡やホコリを入れず、キッチリ張るのは結構難しいんだけど、ちょっとした工夫でキレイに簡単に張ることができるし、手順を守れば、そこまで手先が器用じゃなくても大丈夫。

ポイントは以下のとおり。

眼鏡用クロスで表面を磨く

シツコイくらい磨いたほうがいい。ホコリって吹けば飛びそうなイメージが有るけど、頑固にくっついている奴もいるので、トコトン磨く。ただし、液晶にキズがつくほど強く磨いちゃだめだよ。

液晶保護フィルムを仮止めテープで本体に仮止めする

これ、かなり重要。これをキッチリやるとかなりキレイに張れる。逆に、これをキッチリやらないと、絶対キレイに張れない。ちなみに仮止め用のテープは100均でも売ってる。もちろんだけど、仮止めは1辺のみだよ。1辺のみでもキッチリ止めれば多少のことじゃズレない。

液晶のホコリをダストブロワーで飛ばす

ホームセンターなどで売ってるPC用エアダスターでOK。ホコリを飛ばすのは仮止めがキッチリできて、いざ張る、っていう直前にシューシューする。シツコイぐらいシューシューする。

一気に張る

接着面保護シートをはがしながらズバッと一気に張る。仮止めをキッチリしていれば、乱暴に張ってもズレないはず。絶対にゆっくり張ってちゃダメ。なぜならホコリが入るから。気泡のことは気にしない。ホコリが入っていなければ気泡なんて後でいくらでも取れるから安心してちょうだい。

入った気泡を眼鏡用クロスで取る

気泡が入っていると思うので、眼鏡用クロスで気泡をこすってみよう。大きい気泡は端に追いやるイメージで。小さい奴は上からこすると消える。

ちなみに俺が買ったiPad用の保護フィルムはこれ。安い割にイイ感じ。

iPad Retinaディスプレイモデル/iPad2用 液晶保護フィルム 指紋防止 光沢 SIP-FS01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です