TP-Linkのネットワークカメラ「Tapo C200」で老齢母親の見守りシステムを構築したよ

TP-Linkのネットワークカメラ「Tapo C200」をつかって老齢な母親(おばあちゃま)の見守りシステムを構築したお話し。

まぁ普通のネットワークカメラなんだけど、Amazonで評価高かったし、有名メーカーだし、そんなに高くなかったし、予備のmicroSDとかあったし、Amazonでクーポンでてたし、でお試しで導入してみたらこれがバッチリハマったのでご報告。

TP-Linkのネットワークカメラ「Tapo C200」の購入目的は
「実家で一人暮らしの老齢な母親(遠距離)が元気に生活できているか確認したい」
です。

要件はこんな感じ。

(要件1) ずっとカメラを監視することはできないし、したくない。

母にもプライバシーってものがあるし、僕もそんなに暇じゃないので、常時カメラ動画を眺めてることなんてできない。ただし日中の行動時間帯は自動で監視をしていてほしい。

(要件2) 1日に数回のレベルで母親が活動していることを通知してほしい。

1日に数十回というレベルで通知がきても逆にウザいので、適度な通知が来るレベルにしたい。

(要件3) 通知はスマホにしてほしい。

僕はスマフォの通知をスマートウォッチに飛ばしているのでスマホの通知という形式で飛ばしてほしい。メールよりアプリの通知にしてほしい。

(要件4) 母親が元気に活動してくれていることが通知でわかればいい。

前述同様に「母親が元気に活動している様子を見たい」わけではないので、通知だけくれればよくて、カメラの画質とかあまり必要ない。ぶっちゃけ録画してくれなくてもいい。

っということでTP-Linkのネットワークカメラ「Tapo C200」を購入。特にちゃんと調べたて購入したわけじゃないけど、偶然にも僕の要件にピッタリフィットしていた。

まず「Tapo C200」でできることをご紹介

  • すべての設定をスマホアプリで完結。
  • 監視動画のチェックもスマホで行う。
  • スマホとカメラは同一ネットワークに居なくてもよい(外部ネットワークからアクセス可能)。
  • カメラは水平方向360度設定が可能。
  • 逆に垂直方向は114度しか回らない。
  • カメラに指定位置を覚えさせてワンクリックで角度変更が可能(画角を覚えさせることができる)。
  • 動態検知機能が搭載されている。
  • 動態検知したときのみカメラ録画がされる(常時録画も可能)。
  • 動態検知したときスマホアプリ経由で通知がくる。
  • 動態検知が動作する時間を細かく設定できる(夜間は動作OFFとかできる)。
  • 照明を消したときのナイトモードが地味に優秀。
  • 正直、音声通話はオマケ程度

っということで、我が家の「おばあちゃま見守りシステム」の設定をご紹介。

(POINT1) まず常時録画はOFFで。動態検知時間は朝7:00~夜20:00まで。

僕と違って夜は早めにねるヒトなので夜間は動態検知する必要なし。っというか夜間にバシバシ通知こられても困るし。

(POINT2) カメラは常にリビングのメイン窓に向ける。

これにより朝夕のカーテン開け/閉めのみ動態検知される。

行動監視を「カーテンの開け/閉め」にフォーカスすることで必要な行動検知が可能。逆にそれ以外の行動検知を排除するような画角にすることで雑音(無意味な通知の乱発)を排除している。

カメラの設置場所は「カーテンの開け/閉め」の際に動態検知できればよいので部屋の片隅で問題なし。もちろんWiFi(無線LAN)と有線による電源供給は必要だからご留意いただきたい。

以上。

とても簡単。

こんな状態で1週間ほど運用してみた結果、1日に5~6回の通知が毎日くるようになり、非常に機能的にシステム稼働しています。

「Tapo C200」じゃなきゃできないこと、じゃないけど、ネットワークカメラと動態検知機能をつかった独居老人の見守りシステム構築例でした。

ちなみに、TP-Linkの「Tapo C200」お値段は、Amazonで単体4,190円に700円クーポンがついて、合計3,490円で買えます。「64GB microSD」がついてるバージョンもあるけど、それにすると700円クーポンつかないので、別で買ったほうがいいかもね。

僕は、「Tapo C200」用のmicroSDとして「東芝 microSDXC 64GB 100MB/s THN-M203K0640 UHS-I Toshiba」これを入れてつかってます。参考までに。

屋内TVアンテナをWiFi化してスマフォやタブレットでTVを見る ~「DXメディアコンセント」のレビュー~

DXアンテナ株式会社の「DXメディアコンセント」はiOSやAndoroidのスマートフォンやタブレットでTVを見ることが出来る機器である。
先日、この「DXメディアコンセント」を我が家に導入したのでそれのレビューをしてみようと思う。

DXアンテナ株式会社「DXメディアコンセント」

この機器を一言で言えば、屋内のTVアンテナをWiFiに変換する機器である。この機器を設置すると、専用アプリを使ってスマフォやタブレットでTVを視聴できるようになる。
WiFiは既存の無線LANルータを使用して家庭内LAN内に飛ばす形になる(つまり、既に無線LANブロードバンドルーターが家にあればWiFi設備を別途購入する必要はない)。
また、使用するTVの電波はワンセグではなくフルセグになる。

設置方法と設定方法はとても単純かつ簡単だ。
DXメディアコンセントをTVアンテナ端子にぶっ刺して、「AOSS」や「らくらく無線スタート」などの簡単WiFiセットアップ(WPS)をつかって無線LANルータと接続するだけ(逆にこれしか設定方法がない)。
また、機器がTVアンテナ端子にそのまま刺さるので、ケーブルやアダプタは不要である。
家庭内無線LANに接続完了後はスマフォで専用アプリを立ち上げると、自動的にDXメディアコンセントを認識してスマフォにTV画面が表示される。

実のところ、このDXメディアコンセントは類似の製品があまりみあたらない。
TVアンテナを接続できる無線LANルータや、車載用ワンセグ受信機器は他社からいくつか販売されているのだが、屋内にあるTVアンテナ端子をWiFiに変換するお手軽な機器はあまりない。
(・・というか屋内でTV見るなら普通にテレビで見ろよ、って話なんだろうけど)
普通、無線LANルータなんてすでに一家に一台あることが多く、TVを見るためだけに1万円以上の投資をして、TVチューナー付無線LANルータをわざわざ新設するのも無駄というものだ。
また、車載用のチューナーは基本的にワンセグのため、受信感度は機器のアンテナと建物の構造などに左右される。つまり、機器の設置場所によっては、ワンセグ電波の受信状況が悪く、画像がまったく映らないこともかなりの確率で起こりうる。
ぶっちゃけ、TVが見られるならワンセグでもかまわないのだが、家の中のどこでも「確実に」TVを見ることができる環境がほしいのだ。場所によって映ったり映らなかったりは正直こまる。その点、DXメディアコンセントは屋内のTVアンテナ端子を使用するので確実にTV電波を得ることができるし、WiFiが届く場所であれば映像が乱れることもない。
加えて、DXメディアコンセントの利点として最も大きいのが、価格が非常に手頃なのだ。
Amazonなどで5000円以下で購入できる。
これならあまり深く予算のことを考えずに購入できる価格帯だ。

我が家では、iPadを使ってTVを見たい、朝は台所で、夜はベッドの中で、という希望からDXメディアコンセントを導入した(なお我が家にはTVという家電は一台も存在していない)。
実際にDXメディアコンセントを設定してiPadでTVを視聴したところ、何の違和感も無くTVを視聴することができた。
画像が停止することも一切なく、まさにiPadがそのままTVになった。
正直、ここまでストレス無くTVが見れるとも思っていなかったし、箱出しから10分で設定が終わるとも思っていなかった。
5000円弱の投資でiPadがTV化できるならば、非常にお買い得だと思う。
別宅にもう一台買ってしまおうかと思っているくらいだ。

唯一不安なのが「モアテレビ」という専用アプリの存在だ。
ただ、アプリの品質を問題視しているわけではない。
この専用アプリ「モアテレビ」の出来は非常によい。
余計な機能が一切無く、操作に迷うこともない。
起動も早い。
動作には一切文句はない。
しかし、おそらくDXアンテナ株式会社が独自で作っているアプリだと思われるが、今後のiOSやAndoroid OSのアップデートに対応してくれるのか?という点が非常に不安だ。
iOSやAndorid OSがアップデートされた場合、セキュリティや他アプリの都合上、iOSやAndoroid OSをアップデートしないわけにはいかない(なぜならOSアップデートは既存の脆弱性を解消するものがほとんどなのだから)。
しかし、モアテレビが新バージョンのOSに対応してくれない場合は、モアテレビが使えず(最悪の場合、アプリの起動すらできなくなる)DXメディアコンセント自体がゴミと化す。
機器のコンセプトやレスポンスが非常に良いだけに、いろいろな機器で長く使い続けたいが、ベンダーのアプリ保守体制だけが非常にきがかりだ。

【これは絶対に買い】エイスースのモバイルノート 11.6型ディスプレイ ASUS VivoBook E200HA を3か月ほど使ったのでその感想とレビュー

ASUS VivoBook E200HAのベンチマークについて

(のちほど別記事で記載予定)

ASUS VivoBook E200HA ゴールド

ASUS VivoBook E200HAの使用感について

自分がASUS VivoBook E200HAで常時起動しているのは以下のアプリだ。

  • Mozilla Thunderbird
  • MS-Office Excel 2016
  • DropBox
  • LINE PC版
  • Google Chrome
  • 秀丸
  • WinSCP
  • Teraterm

たまに開発用で以下のMySQLサーバを立てて作業することがある。

  • MySQL Server
  • MySQL Workbench

前述のアプリを使いながら感じたのは、正直なところ、CPUパワーとメモリ量が圧倒的に足りない。
どのアプリが食っているか詳細にはしらべていないが、前述の常時起動アプリを全稼働させて、Chromeのタブを数個開くとマウスがカクつきだす。
そもそもアプリ起動にももたつく(ただWindowsの起動は鬼のようにはやい、さすがWindows10だ)。
Excel作業などもストレスになるとは言わないまでも、重いのが実感できる。内容タップリのブックをExcel作業しようとすれば、さらに動かないだろう。

たまに開発作業でMySQL Serverを立てることがあるのだけれど、これが顕著にパフォーマンスを下げる。MySQLで仕事しながらThunderbirdでのメール確認はものすごいストレスになる。動かなくなることはないが、数秒のタイムラグが発生する。

まだ試してはいないがEcrips、Android StudioやVisual Studioなどの開発環境を快適に動かすのはまず無理だと思ったほうがいい。できなくはないがかなりの高ストレスになるだろう。はじめからこれらのIDEでの作業を想定しているならもっとパワーのある違う機体にすべきだ。

ただし、これらは元からわかっていたことだ。
このASUS VivoBook E200HAはすこしましなタブレット機レベルのパフォーマンスしかないのだから。

それを補って余りあるのが本体の軽さとバッテリーの持ちだ。
丸一日充電せずに出先でフル作業できるのだから大したもんだ。
それが本体の軽さにも拍車をかける。なにしろ電源を持ち歩かなくてよいのだからさらにカバンの重さを軽くさせる。

一方、購入当初から懸念事項であった本体ストレージ容量だが、これも足りないことは足りないのだが、3か月ハードに使っていて容量が足りないと感じたことは全くない。
そもそもCPUパワーとメモリに余裕がないので、そこまでいろいろなアプリやデータを持ち歩くことができない。
今の私のマシンでは、いろいろなアプリをインストールしてもメインストレージは3~4GBの空きがあるし、さらに、4000円~5000円程度で購入できる128BGのSDXCカードを1枚さしているので、映画の10~20本ぐらい余裕で入る(そもそも快適に映画を見れるPCではないが、夜のお供などに)。

「ブラウジングとメールチェックだけしか使えない」と言われた低価格ネットブックにしてはちゃんと仕事になっている。
3万円強の出資に見合ったリターンが得られていると自信をもって言える。

ASUS VivoBook E200HA ダークブルー

ASUS VivoBook E200HAの機体外観や機体デザインについて

私はゴールドを購入した。ゴールドはかなりMacBook Airを意識したつくりになっている。が、質感がかなりチープだ。
外観についてはあまり期待もしていなかったし、使えればよいと思っていたし、そもそもMacBookAirそんなに好きじゃないし、でそこまで気にならない。でもどうせならブルーを買えばよかったなと思っている。ゴールドはチープさはかなり目立つ。まぁPCなんてきれいに飾り立てるものでもないし、私は文房具感覚で使い捨てにするつもりでこのPCを購入したので、機体外観や機体デザインについてはまったくマイナスにはならない。

ASUS VivoBook E200HA ホワイト

以上のことから、機体のパフォーマンスを考慮したうえで、ある程度使い方を限定できるならば、非常におすすめできるノートPCだ。ただ、万人におすすめできるPCではないことはご注意いただきたい。