ActivePerl 付属の PPM で Perlモジュール をインストールす場合の注意事項


Windows に ActivePerl をインストールした場合、Perlモジュールを追加するには、通常はActivePerl付属の PPM (Perl Package Module) を使います(Windowsの場合、CAPNモジュールのインストールがかなり面メンドクサイ為)。

ただし、このPPMですが、GUIからパッケージを検索すると重要なモジュールのほとんどがでてきません。ただし、コマンドプロンプトで直接打ち込むことで、ほとんどのモジュール( DBD::mysql や Image::Magick など)がインストール可能です。

コマンドプロンプトで以下のように打ち込みます。

ppm install DBD-mysql

※たとえば「DBD::mysql」の場合は「DBD-mysql」と打ち込みます。「Image::Magick」の場合は「Image-Magick」となります。