TP-Linkのネットワークカメラ「Tapo C200」で老齢母親の見守りシステムを構築したよ

TP-Linkのネットワークカメラ「Tapo C200」をつかって老齢な母親(おばあちゃま)の見守りシステムを構築したお話し。

まぁ普通のネットワークカメラなんだけど、Amazonで評価高かったし、有名メーカーだし、そんなに高くなかったし、予備のmicroSDとかあったし、Amazonでクーポンでてたし、でお試しで導入してみたらこれがバッチリハマったのでご報告。

TP-Linkのネットワークカメラ「Tapo C200」の購入目的は
「実家で一人暮らしの老齢な母親(遠距離)が元気に生活できているか確認したい」
です。

要件はこんな感じ。

(要件1) ずっとカメラを監視することはできないし、したくない。

母にもプライバシーってものがあるし、僕もそんなに暇じゃないので、常時カメラ動画を眺めてることなんてできない。ただし日中の行動時間帯は自動で監視をしていてほしい。

(要件2) 1日に数回のレベルで母親が活動していることを通知してほしい。

1日に数十回というレベルで通知がきても逆にウザいので、適度な通知が来るレベルにしたい。

(要件3) 通知はスマホにしてほしい。

僕はスマフォの通知をスマートウォッチに飛ばしているのでスマホの通知という形式で飛ばしてほしい。メールよりアプリの通知にしてほしい。

(要件4) 母親が元気に活動してくれていることが通知でわかればいい。

前述同様に「母親が元気に活動している様子を見たい」わけではないので、通知だけくれればよくて、カメラの画質とかあまり必要ない。ぶっちゃけ録画してくれなくてもいい。

っということでTP-Linkのネットワークカメラ「Tapo C200」を購入。特にちゃんと調べたて購入したわけじゃないけど、偶然にも僕の要件にピッタリフィットしていた。

まず「Tapo C200」でできることをご紹介

  • すべての設定をスマホアプリで完結。
  • 監視動画のチェックもスマホで行う。
  • スマホとカメラは同一ネットワークに居なくてもよい(外部ネットワークからアクセス可能)。
  • カメラは水平方向360度設定が可能。
  • 逆に垂直方向は114度しか回らない。
  • カメラに指定位置を覚えさせてワンクリックで角度変更が可能(画角を覚えさせることができる)。
  • 動態検知機能が搭載されている。
  • 動態検知したときのみカメラ録画がされる(常時録画も可能)。
  • 動態検知したときスマホアプリ経由で通知がくる。
  • 動態検知が動作する時間を細かく設定できる(夜間は動作OFFとかできる)。
  • 照明を消したときのナイトモードが地味に優秀。
  • 正直、音声通話はオマケ程度

っということで、我が家の「おばあちゃま見守りシステム」の設定をご紹介。

(POINT1) まず常時録画はOFFで。動態検知時間は朝7:00~夜20:00まで。

僕と違って夜は早めにねるヒトなので夜間は動態検知する必要なし。っというか夜間にバシバシ通知こられても困るし。

(POINT2) カメラは常にリビングのメイン窓に向ける。

これにより朝夕のカーテン開け/閉めのみ動態検知される。

行動監視を「カーテンの開け/閉め」にフォーカスすることで必要な行動検知が可能。逆にそれ以外の行動検知を排除するような画角にすることで雑音(無意味な通知の乱発)を排除している。

カメラの設置場所は「カーテンの開け/閉め」の際に動態検知できればよいので部屋の片隅で問題なし。もちろんWiFi(無線LAN)と有線による電源供給は必要だからご留意いただきたい。

以上。

とても簡単。

こんな状態で1週間ほど運用してみた結果、1日に5~6回の通知が毎日くるようになり、非常に機能的にシステム稼働しています。

「Tapo C200」じゃなきゃできないこと、じゃないけど、ネットワークカメラと動態検知機能をつかった独居老人の見守りシステム構築例でした。

ちなみに、TP-Linkの「Tapo C200」お値段は、Amazonで単体4,190円に700円クーポンがついて、合計3,490円で買えます。「64GB microSD」がついてるバージョンもあるけど、それにすると700円クーポンつかないので、別で買ったほうがいいかもね。

僕は、「Tapo C200」用のmicroSDとして「東芝 microSDXC 64GB 100MB/s THN-M203K0640 UHS-I Toshiba」これを入れてつかってます。参考までに。

今話題の「LINE WORKS」をスマホ版とPC版で色々テストしてみた:その1

関連企業や自社組織のコミュニケーションツールとしてLINE WORKSの導入を検討している。そこでLINE WORKSの仕様をいろいろ調べてみた。その調査結果第1弾をお伝えする。

アカウント1つで複数の組織には所属できない。

例えばメインで「A」というアカウントを作っていて、自分が管理者となっている場合、「A」というアカウントで他の組織の一般アカウント(非管理アカウント/一般社員扱い)に登録する(招待を受ける)ことは出来ない。もちろんながら「A」というアカウントが一般アカウント(非管理アカウント/一般社員扱い)であっても、他組織のアカウントに参加することはできない。つまりLINE WORKSにおいては「1アカウント=1組織」となっている。

スマホアプリでは複数アカウントを切り替えられる。

前述の通り、同一アカウントで複数組織には所属できないが、スマホアプリでは別のアカウントをワンクリックで切り替えることが可能。例えば「A」というアカウントで自社組織を運営しているが「B」というアカウントで別の会社の一般ユーザとして参加する(招待を受ける)ことが可能。また、スマホ版であればAとBをワンクリックで切り替えることが可能。

スマホアプリでは複数アカウントの通知がすべて来る。

前述のスマホ版でAとBのアカウントを登録していた場合、「A」アカウントを有効にしている状態でも「B」アカウントの通知がくる。

PCアプリでは複数アカウントを切り替えられない。

逆にPC版では前述のAとBのアカウントをワンクリックで切り替えることはできない。切り替えるためには再ログインが必要。

PCアプリでは複数アカウントの通知は一切来ない。

前述の通り、PC版ではアカウント切り替えができないので、現在ログインしているアカウントの通知しかこない。

PCアプリでは管理設定は出来ない(WEBに飛ばされる)。

PC版では管理設定ができない。管理設定をするためにはWEB画面から行う。つまりちょっとした設定を行うにはすべてWEBのブラウザ画面から行うこととなる。

アカウントは管理者が管理画面から削除できる(他人を削除できる)。新規作成も可能。

管理アカウントが一般アカウント(一般社員など)を管理画面から削除することもできる。また、管理者が管理画面から事前に一般アカウントを作成しておくことが可能で、作成したアカウントを何かしらの方法で通知してログインさせることが可能。

アカウントを削除すると10分ほどで当該アカウントはログアウトされて使えなくなる。

管理アカウントが一般アカウント(一般社員など)を管理画面から削除した場合、10分ほどで削除したアカウントは使用不能になる(強制ログアウトされて以後ログインできなくなる)。ただし一定期間は「削除キャンセル」が可能。

他組織アカウントを自組織グループに参加させることはできない。

他組織のアカウントをアドレス帳に登録して1:1のトークは可能だが、他組織のユーザを自組織の「グループ」に参加させることはできない。つまり、他組織のユーザをアドバイザー的な位置づけでグループトークに参加させることはできない。前述の例でいえば、「A」というアカウントで作った組織のグループに「B」という組織に参加しているユーザを含めることはできない。この場合、A組織側でユーザ追加した上で「自組織のユーザ」としてグループに参加させるしかない。

投稿日:
カテゴリー: 技術系

学校で勉強することの意味について

 

どこかで書いたかもだけど「勉強することの意味を見いだせない」若者に言いたいことがある。

僕も中学、高校、大学と「勉強することの意味を見いだせない」一人だった(だから勉強はキライだったし、やらなかった)。そんな僕がなんとか学校を卒業して、偶然とある大きな企業に就職して、様々な経験と年齢を重ねて、学生時代を振り返って「勉強することの意味」に対して自分なりの答えが見えてきたのでそれをお伝えしたい。

結論から申し上げる。
特に中学、高校で「勉強する内容自体にそれほどの意味は無い」と思っている(大学での勉強ですらほとんど意味は無いと思っている)。
ではなぜ勉強するのか?
それは二つある。
一つ目は「勉強する方法を学ぶこと」と、
二つ目は「自分に勉強する能力があること示すこと」だ。

中学、高校で学ぶ知識など(大学で学ぶ基礎的な分野についても)、その気になれば1か月もかからず習得可能だ。受験するわけではないので、すべて暗記する必要はない。どういう方法があり、その詳細はどこを見れば(参照すれば)のっているのか、その知識はどのように使えるのか、がわかればいい。英語であっても1か月ほど英語しか話せない環境で暮らせばある程度は身につく。

ではなぜ中高6年間もつかって勉強するのか?

おそらく、君は学校を卒業してからも一生勉強することとなる。
学校を卒業して社会人になってからも自己学習(新しいことを自分で学ぶこと)が非常に重要となってくる。しかしながら、特に企業に就職したら勉強する時間などまともに与えてもらえないだろう。したがって、将来の君は仕事上で結果を出すために必要なツールとしての「十分な知識」を極々限られた時間の中で得なければならない(仕事をしながら、学生時代からは考えられないほどの短い時間で「十分な知識」を得ることが求められる)。この「十分な知識」を得るために必要な学習時間を最小化することが人間の能力と言ってもよい。中高6年間の勉強はまさに「十分な知識を得る時間を最小化すること」を鍛える場であると言って良い。これが、一つ目の「勉強する方法を学ぶこと」の真意だ。したがって、ダラダラ勉強していても意味がない。長い時間勉強していれば良いというものでもない。目標を定めて、そこまで到達する時間をどんどん少なくしていくことが重要だ。

次に重要なことは「自らの能力を示すこと」だ。

前述を繰り返すが「十分な知識を得る時間を最小化すること」が人間の能力であるのは間違いない。これを示すために学校での「試験」や「受験」が存在する。「試験」や「受験」とは、限られた時間のなかでどれだけの知識を獲得できたか?という君の能力を確認する行為であると言ってよい。つまり、その内容(試験内容など)にはあまり意味はない。
3ヶ月という学習期間で得られた知識量を試すのが「中間/期末テスト」、3年間という学習期間で得られた知識量を試すのが「受験」、という具合だ。その試験から得られるものは「自らの能力の証」として学内順位、また「自らの能力の証」として最もわかりやすい「学校名」というカンバンを得られる。

様々な企業が「採用において学歴を重要視しない」と公言してきて久しいが、入社選考においていまだに「学歴や学校名」による選考を裏で行っているのはまぎれもない事実だ。なぜならば、前述の通り「十分な知識を得る時間を最小化する能力」が高い人間を採用しようとした場合、偏差値の高い学校の学生であれば、採用する上で満足のいく能力の人間である可能性が高い。もし偏差値が高い大学の学生と低い大学の学生がいた場合、表面上(人間的な部分)で判断できなければ、間違いなく偏差値が高い大学の学生を採用するだろう。一方で、多人数の応募者すべてを面接して、人間性を見る時間など企業にはない(数千人に及ぶ入社希望者すべてと話す時間的余裕などない)。そのため何をするかと言えば「まず応募者の大学名で絞り込む」ことだ。ある程度の偏差値の大学に絞って応募者を選考すれば効率的に採用活動を行うことができる。企業によってやり方は異なるとは思うが、これが選考基準として「学校名(学歴)で判断する」ことが今でもなお重要視される理由だ。
(「東大の学生は全員能力が高い」は必ずしも絶対ではないが「東大には能力の高い学生が多い(他の大学に比べて)」は間違いのない事実だ)

終わりに、「勉強することの意味」を無理に見出す必要はないと思っている。なぜなら「勉強することの意味」など、所詮「オトナの事情/世の中の事情」でしかない。そんなところを理解したところで勉強することのモチベーションになどならない。では勉強などしなくてよいのか?否、そうすれば君はだれからも信頼されないし、信用されない君は望むものは何一つ手に入らない。君の能力をオトナに証明してほしい。そうすれば君の望むものが手に入る(それは君が能力を証明した見返りにオトナから与えられる)。それが君のモチベーションになることを祈るばかりだ。

余談だが、学校での勉強の結果をもって君の能力を示すことは、今後の君の人生において最も簡単な「能力の証明」となる。学校を卒業して社会人となってからは君自身の「能力の証明」を行うことは非常に難しい。なぜなら、学校という場では「能力の証明」する方法がキッチリ定められており、教育課程を進めていけば勝手に「成績」という形で証明される。その方法に異論をはさむ余地はない(つまり世の中が認めている「能力の証明」の方法というわけだ)。しかし、社会人になってからは「能力の証明」の方法は様々な方法や形式があり、それを自分で考えて選択(もしくはコーディネート)しなければならず、加えて、証明した結果を他人にわかるように説明(アピール)する必要が出てくる。どんなに君が努力をしたとしても、証明の方法が他人に伝わらなければ全く効果がない。さらに、自身の能力をアピールする相手によって証明方法や説明方法も変える必要がある。これは非常に厄介だ。加えて、時間的に余裕がほとんどない場合が多く、前述の通り、学生時代のような時間もほとんどないことが多い。

僕は強くこう言いたい。
「学生のうちに自身の能力を証明せよ」
と。
それが君の人生をよりよくする近道だ。

Elitebook Folio G1 で bluetooth がいきなり死んだ件

ElitebookFolioG1

HPのElitebook Folio G1を使っているのだけど、
いきなりPC側のBluetoothデバイスが認識しなくなり、
マウスが使えなくなった。

再起動してもだめ。
そもそも、PC側 の Bluetoothデバイス が認識していないので、
再ペアリングとかそんなレベルじゃない。
Bluetooth?なにそれ?って言われましたよ、ええ。

ElitebookFolioG1

まぁ結論から言うと、Bluetoothのドライバーを再インストールしたら復活した。

HPのドライバダウンロードページ↓の
https://support.hp.com/jp-ja/drivers/selfservice/hp-elitebook-folio-g1-notebook-pc/9764622
「ドライバー – ネットワーク」
のカテゴリに
「Intel Bluetooth ドライバー (Windows 10)」
というものがあるので、これをダウンロードして実行する。
インストールした後は、再起動しろ、とは言われないのだけど、再起動したら復活した。
ちなみにやたらと静かなインストーラなので、実行後しばらくすると
「終わったでやんす!!」ってダイアログがでるよ。

HPさん・・・頼みますよ・・・

いきなり Bluetooth 殺すとか、ナシですわ・・・・

Sharepoint Online で特定サイトのグループ一覧とそのグループ所属ユーザ一覧を「REST API」を使って取得する方法

とある案件で外部アプリからSharepoint Onlineで作られたチームサイト(もしくはサブサイト)のユーザ一覧をREST APIを使って取得する必要があった(JavascriptのAjax通信で取得したかった)のでその方法をご紹介する。

前提として、Office365 にログインが出来て、Sharepoint OnlineでSharepointサイトを作っていることとする。
(Sharepointサイトのやり方とかは公式やらヘルプやらみてくれ)
なお、外部アプリの登録はしなくてもとりあえずはテストできるので、とりあえずはSharepointサイトだけあればいい。

Office365 にログインが完了している状態で、ブラウザのアドレス欄に以下のURLを入力してみてほしい。

Atom形式のXMLが取得できるはずだ。

Sharepointサイトに登録されているユーザの一覧を REST API で取得する

https://<your site url>/_api/Web/SiteUsers

Sharepointサイトに登録されているグループの一覧を REST API で取得する

https://<your site url>/_api/Web/SiteGroups

Sharepointサイトのとあるグループに所属しているユーザの一覧を REST API で取得する

https://<your site url>/_api/Web/SiteGroups/GetById(9)/Users

※「GetById(9)」の9という数字はSiteGroupsで取得できる「<d:Id m:type="Edm.Int32"></d:Id>」の値を使う。
※つまりこのID値を変えれば違うグループのユーザを取得できる。

後は、言うまでも無いがjQueryなどのAjaxメソッドを使ってこのURLにアクセスして、帰ってきた文字列をXMLとしてパースしてやればいいだけ。あとはよしなに。

屋内TVアンテナをWiFi化してスマフォやタブレットでTVを見る ~「DXメディアコンセント」のレビュー~

DXアンテナ株式会社の「DXメディアコンセント」はiOSやAndoroidのスマートフォンやタブレットでTVを見ることが出来る機器である。
先日、この「DXメディアコンセント」を我が家に導入したのでそれのレビューをしてみようと思う。

DXアンテナ株式会社「DXメディアコンセント」

この機器を一言で言えば、屋内のTVアンテナをWiFiに変換する機器である。この機器を設置すると、専用アプリを使ってスマフォやタブレットでTVを視聴できるようになる。
WiFiは既存の無線LANルータを使用して家庭内LAN内に飛ばす形になる(つまり、既に無線LANブロードバンドルーターが家にあればWiFi設備を別途購入する必要はない)。
また、使用するTVの電波はワンセグではなくフルセグになる。

設置方法と設定方法はとても単純かつ簡単だ。
DXメディアコンセントをTVアンテナ端子にぶっ刺して、「AOSS」や「らくらく無線スタート」などの簡単WiFiセットアップ(WPS)をつかって無線LANルータと接続するだけ(逆にこれしか設定方法がない)。
また、機器がTVアンテナ端子にそのまま刺さるので、ケーブルやアダプタは不要である。
家庭内無線LANに接続完了後はスマフォで専用アプリを立ち上げると、自動的にDXメディアコンセントを認識してスマフォにTV画面が表示される。

実のところ、このDXメディアコンセントは類似の製品があまりみあたらない。
TVアンテナを接続できる無線LANルータや、車載用ワンセグ受信機器は他社からいくつか販売されているのだが、屋内にあるTVアンテナ端子をWiFiに変換するお手軽な機器はあまりない。
(・・というか屋内でTV見るなら普通にテレビで見ろよ、って話なんだろうけど)
普通、無線LANルータなんてすでに一家に一台あることが多く、TVを見るためだけに1万円以上の投資をして、TVチューナー付無線LANルータをわざわざ新設するのも無駄というものだ。
また、車載用のチューナーは基本的にワンセグのため、受信感度は機器のアンテナと建物の構造などに左右される。つまり、機器の設置場所によっては、ワンセグ電波の受信状況が悪く、画像がまったく映らないこともかなりの確率で起こりうる。
ぶっちゃけ、TVが見られるならワンセグでもかまわないのだが、家の中のどこでも「確実に」TVを見ることができる環境がほしいのだ。場所によって映ったり映らなかったりは正直こまる。その点、DXメディアコンセントは屋内のTVアンテナ端子を使用するので確実にTV電波を得ることができるし、WiFiが届く場所であれば映像が乱れることもない。
加えて、DXメディアコンセントの利点として最も大きいのが、価格が非常に手頃なのだ。
Amazonなどで5000円以下で購入できる。
これならあまり深く予算のことを考えずに購入できる価格帯だ。

我が家では、iPadを使ってTVを見たい、朝は台所で、夜はベッドの中で、という希望からDXメディアコンセントを導入した(なお我が家にはTVという家電は一台も存在していない)。
実際にDXメディアコンセントを設定してiPadでTVを視聴したところ、何の違和感も無くTVを視聴することができた。
画像が停止することも一切なく、まさにiPadがそのままTVになった。
正直、ここまでストレス無くTVが見れるとも思っていなかったし、箱出しから10分で設定が終わるとも思っていなかった。
5000円弱の投資でiPadがTV化できるならば、非常にお買い得だと思う。
別宅にもう一台買ってしまおうかと思っているくらいだ。

唯一不安なのが「モアテレビ」という専用アプリの存在だ。
ただ、アプリの品質を問題視しているわけではない。
この専用アプリ「モアテレビ」の出来は非常によい。
余計な機能が一切無く、操作に迷うこともない。
起動も早い。
動作には一切文句はない。
しかし、おそらくDXアンテナ株式会社が独自で作っているアプリだと思われるが、今後のiOSやAndoroid OSのアップデートに対応してくれるのか?という点が非常に不安だ。
iOSやAndorid OSがアップデートされた場合、セキュリティや他アプリの都合上、iOSやAndoroid OSをアップデートしないわけにはいかない(なぜならOSアップデートは既存の脆弱性を解消するものがほとんどなのだから)。
しかし、モアテレビが新バージョンのOSに対応してくれない場合は、モアテレビが使えず(最悪の場合、アプリの起動すらできなくなる)DXメディアコンセント自体がゴミと化す。
機器のコンセプトやレスポンスが非常に良いだけに、いろいろな機器で長く使い続けたいが、ベンダーのアプリ保守体制だけが非常にきがかりだ。

wordpressでimg要素に勝手につけられたsizes属性、width属性、height属性を削除する方法

表題の件、ググると、
add_filterを使った方法(↓)や、

wp_calculate_image_srcsetを使った方法(↓)などが

でてくるのだけど、
ちょっと強引だけど、こんな方法もあるよ、というご紹介。

以下のコードをテーマのfunctions.phpに追加してやればよい。

function custum_theme_content_replacement($the_content) {
        $return = $the_content;
        $return = preg_replace(
            array("/(sizes|width|height)=\"((?:\\\.|[^\"\\\])*)\"/i")
            ,array(" ")
            ,$return
        );
        return $return;
}
add_filter('the_content','custum_theme_content_replacement');

まぁ見てもらえばわかるけど、コードの内容をかいつまんで説明すると、コンテンツを表示するときにsizes属性、width属性、height属性を正規表現を使ってまるっと置換して削除しちまえ、ってことをしている。

かなり強引なやり方だけどね。
選択肢の一つにしてもらえれば。

ダブルクオートやシングルクオートで囲まれた文字を抽出するための正規表現

HTMLの属性値を正規表現で書き換えたいときなど、ダブルクオートやシングルクオートで囲まれた文字を正規表現で抽出する場合は以下の正規表現で抽出が可能。

"((?:\\.|[^\"\\])*)"

HTMLの属性値を限定したい場合は以下のようにすればよい。

(sizes|width|height)="((?:\\.|[^\"\\])*)"

この正規表現の出典は以下のサイトより。

「人力検索はてな」より抜粋
http://q.hatena.ne.jp/1246344237

正規表現の読み方は以下のようになります。
——————————————
"              # 文字列の開始
 (               # キャプチャするグループ化
  (?:              # キャプチャしないグループ化
   \\.               # バックスラッシュによってエスケープされた任意の一文字
   |                 # または
   [^\"\\]           # ダブルクォートとバックスラッシュ以外の一文字
  )                # グループ化終了
  *                # ↑の 0 回以上の繰り返し
 )               # グループ化終了
"              # 文字列の終了
——————————————

なおPHPのpreg_replaceで使用する場合には以下のようにエスケープする必要がある。

preg_replace(
    array("/(sizes|width|height)=\"((?:\\\.|[^\"\\\])*)\"/i")
    ,array("(変換したい文字列)")
    ,$return
);

エロい人ありがとう。備忘録として。

ハラスメントの例 from 2ch

419 名前:名無しさん必死だな [sage] 投稿日:2017/10/01(日) 23:21:25.28 ID:EWtjksDQ0.net
新卒君は覚えておくように(´・ω・`)

ハラスメントの例

アカハラ…社会的立場の強いものが嫌がらせや不当な言動を下位に与えること
アルハラ…酔って迷惑をかけたり、飲酒を強要したり、またはその状況をつくること(コールなど)、
     更に酒以外を用意しない、飲めないことに対し煽るなど酒が飲めない人に配慮しないことも指す
エアハラ…特定の者を不特定多数の前で意図的に陥れるために場の雰囲気を悪くすること
エイハラ…年齢による偏見や嫌がらせ
エレハラ…追跡や盗聴器、人体に有害な電波などを利用して危害を加えること
オワハラ…就活中の者に対し、選考企業の辞退を強要すること
カジハラ…専業主婦の働き手に対する言動的な嫌がらせ
カラハラ…カラオケといった場において歌うことを強要すること、または仕向けること
ジェンハラ…男のくせに~、女のくせに~、男だから~、女だから~といった性差別
スメハラ…体臭や香水により周りに不快感を与えること
スモハラ…空間を共有する場において自己の意志に反してタバコ等の煙を吸わなければいけない状況に追い込むこと
セカハラ…ハラスメントを訴えたことによる二次被害(妨害、嫌がらせなど)
セクハラ…自身の性に対しての嫌がらせ、又は個人・集団を問わないいじめのこと。性的嫌がらせ
ソーハラ…友だち申請やフォローといったSNS活動を強要すること、またはそれによる不当な扱い
テクハラ…相手にとって分からない用語を意図的に並べて不快な思いをさせる
パーハラ…容姿や癖、生活スタイルなどに関してからかったり、必要以上に問いただしたりすること
パワハラ…立場や権力や階級などを利用し、下位の者に対して本人の意思に反することを強要すること
ブラハラ…血液型などの科学的に肯定されていない物事を信じ、偏見をもつこと
ゼクハラ…主に家族間で、未婚の者に対し結婚を迫る発言をしたり、お見合いを強要したりすること
ラブハラ…「彼女いないの?」など恋愛に関する話題で相手にプレッシャーを与えたり不快感を与えること
マリハラ…未婚の者に対し結婚を迫る発言をしたり、お見合いを強要したりすることの総称
モラハラ…言葉や態度などによる嫌がらせ
ラブハラ…求婚や性交を迫ったり、個人の価値観を尋ねバカにしたりすること
リスハラ…自主退職に仕向けるよう、同僚や上位の者がその者に対して不当な扱いをすること
レイハラ…人種、外国人、ハーフなどに対する嫌がらせや偏見を持つこと
レリハラ…宗教に関し、批判や言論の自由を阻害する行為、脱会や信仰の自由を阻むこと

投稿日:
カテゴリー: 技術系

OANDAのREST APIでサブアカウントを作ると新サブアカウントで旧アクセストークンが使えない。

OANDAで「サブアカウント」を作成して、新しいサブアカウントのアカウントIDでAPIをたたくと、

CODE 4
The access token provided does not allow this request to be made

というエラーでアクセストークンが使えないことがある。

この場合は、アクセストークンを再発行するとメインアカウントもサブアカウントも同一のアクセストークンで認証できるようになる。

単純に再発行するだけでおk。

備忘録として。