エイスースのモバイルノート「ASUS Vivobook E200HA」を2年弱使って見えたメリットとデメリット


少し前に【これは絶対に買い】エイスースのモバイルノート 11.6型ディスプレイ ASUS VivoBook E200HA を3か月ほど使ったのでその感想とレビューという記事を書いた。そこからしばらくたって、いまでも愛機として使用しているエイスースのモバイルノート「ASUS VivoBook E200HA」を再レビューしてみたいと思う。

結論から言えば、あまり評価は変わっていない。ただ致命的だった点もいくつか出てきた。そこをお読みいただき、ご自身が購入される際の参考にしていただければと思う。

処理速度について

使う人によるかもしれないが処理速度は圧倒的に非力だ。「3万以下のノートに処理速度期待するんじゃねぇ」というご意見はもっともだ。だけど開発環境やゲームなどは動かなくても仕方がないと割り切れるのだけど、メールソフトの「Thunderbird」は動いてほしかった。ちなみにこの「Thunderbird」を起動すると10分近くPCがフリーズする。その間なにもできない。ちゃんと返ってくるので待てばよいのだが「Thunderbird」が起動しているとメモリを1.5GBほど喰われるので他の作業が一切できない。したがって「Thunderbird」は落とすしかない。次のメールチェックのために10分フリーズ・・・この繰り返しは正直しんどい。まぁこのThunderbirdは「重い」で悪名高いのでPCのせいではないのだけれど。

HDD容量について

実はE200HAを一年間使っていてHDD容量の少なさが一番致命的だった。32GBのeMMCが入っているのだけど、なんとWindowsだけで20GB喰うのだ。残り12GB弱しかない。そこにスワップ領域(ページファイル)を2GBほど積むと残り10GB弱。オフィスは2GB喰うので残り8GB弱。他のアプリを最小限にしても、ChromeやらDropboxなどアプリが勝手に作るキャッシュデータやらなにやらで5GBほどか直ぐにうまり残り3GBとなる。これらのファイルはMicroSDで増設したドライブには移動できないファイル達だ。正直これはしんどい。贅沢は言わない、あと10GBでいいからプライマリドライブの容量が増やせないものかと切に願うばかりだ。

画面の小ささについて

これも使う人による。俺はノートPCの小さな画面でも苦なく仕事できる人間なので全く問題なかった。要は慣れの問題だ。この「E200HA」で普通にPHPのコーディング作業をしていたし「MySQL Workbench」などでDBの開発もしていた。WordやExcelでのドキュメント作業も問題なく。何度も言うが、要は慣れの問題だ。

画面の小ささと言えば、本体も小さい。これはデメリットのようでメリットにもなる。俺のように外でPCを使うことが多い人間は、PCを広げるデスクサイズを選べない。しかも最近の有名なカフェ(タリーズとか。スタバはなんかキライ。)はデスクサイズが猫の額ほどしかない(まぁ当然っちゃぁ当然か)。その状況でこの機体の小ささがモノを言う。PCとマウスとマグカップが小さいデスクにちょうど入る。これはありがたい。

バッテリーの持ちについて

この「E200HA」が手放せない大きな理由の一つが「バッテリーの持ちが驚異的」という点だ。2年弱使っていても実感10時間は普通に持つ。メイン機の横で待機状態&たまに確認程度なら普通に12時間は余裕で持つ。これは正直驚異的だ。外出勤務の合間にカフェの電源コンセントのある席を探して彷徨う必要もなければ、充電のためのACアダプタを持ち歩く必要もない。これは非常にありがたい。

重量について

この「E200HA」が手放せない大きな理由のもう一つがこの「重量」だ。ガチで1kgを切る重量はカバンの重量も軽くしてくれる。加えて前述の通りACアダプタも無しだ。さらにカバンが軽くなる。

代替候補機について

もし買い替えるとすると、「E200HA」の後継機(というか同等機?)である「R209HA」でもよいのだけど、バッテリの持ち時間を多少妥協して「Dell Inspiron 11 3000」にするか、金をもう少し出して「Lenovo YOGA 710」にするかは盛大に悩むと思う。

以上、軽量サブノートor軽量モバイルノートの購入を検討されている方の参考になれば幸だ。

【これは絶対に買い】エイスースのモバイルノート 11.6型ディスプレイ ASUS VivoBook E200HA を3か月ほど使ったのでその感想とレビュー


ASUS VivoBook E200HAのベンチマークについて

(のちほど別記事で記載予定)

ASUS VivoBook E200HA ゴールド

ASUS VivoBook E200HAの使用感について

自分がASUS VivoBook E200HAで常時起動しているのは以下のアプリだ。

  • Mozilla Thunderbird
  • MS-Office Excel 2016
  • DropBox
  • LINE PC版
  • Google Chrome
  • 秀丸
  • WinSCP
  • Teraterm

たまに開発用で以下のMySQLサーバを立てて作業することがある。

  • MySQL Server
  • MySQL Workbench

前述のアプリを使いながら感じたのは、正直なところ、CPUパワーとメモリ量が圧倒的に足りない。
どのアプリが食っているか詳細にはしらべていないが、前述の常時起動アプリを全稼働させて、Chromeのタブを数個開くとマウスがカクつきだす。
そもそもアプリ起動にももたつく(ただWindowsの起動は鬼のようにはやい、さすがWindows10だ)。
Excel作業などもストレスになるとは言わないまでも、重いのが実感できる。内容タップリのブックをExcel作業しようとすれば、さらに動かないだろう。

たまに開発作業でMySQL Serverを立てることがあるのだけれど、これが顕著にパフォーマンスを下げる。MySQLで仕事しながらThunderbirdでのメール確認はものすごいストレスになる。動かなくなることはないが、数秒のタイムラグが発生する。

まだ試してはいないがEcrips、Android StudioやVisual Studioなどの開発環境を快適に動かすのはまず無理だと思ったほうがいい。できなくはないがかなりの高ストレスになるだろう。はじめからこれらのIDEでの作業を想定しているならもっとパワーのある違う機体にすべきだ。

ただし、これらは元からわかっていたことだ。
このASUS VivoBook E200HAはすこしましなタブレット機レベルのパフォーマンスしかないのだから。

それを補って余りあるのが本体の軽さとバッテリーの持ちだ。
丸一日充電せずに出先でフル作業できるのだから大したもんだ。
それが本体の軽さにも拍車をかける。なにしろ電源を持ち歩かなくてよいのだからさらにカバンの重さを軽くさせる。

一方、購入当初から懸念事項であった本体ストレージ容量だが、これも足りないことは足りないのだが、3か月ハードに使っていて容量が足りないと感じたことは全くない。
そもそもCPUパワーとメモリに余裕がないので、そこまでいろいろなアプリやデータを持ち歩くことができない。
今の私のマシンでは、いろいろなアプリをインストールしてもメインストレージは3~4GBの空きがあるし、さらに、4000円~5000円程度で購入できる128BGのSDXCカードを1枚さしているので、映画の10~20本ぐらい余裕で入る(そもそも快適に映画を見れるPCではないが、夜のお供などに)。

「ブラウジングとメールチェックだけしか使えない」と言われた低価格ネットブックにしてはちゃんと仕事になっている。
3万円強の出資に見合ったリターンが得られていると自信をもって言える。

ASUS VivoBook E200HA ダークブルー

ASUS VivoBook E200HAの機体外観や機体デザインについて

私はゴールドを購入した。ゴールドはかなりMacBook Airを意識したつくりになっている。が、質感がかなりチープだ。
外観についてはあまり期待もしていなかったし、使えればよいと思っていたし、そもそもMacBookAirそんなに好きじゃないし、でそこまで気にならない。でもどうせならブルーを買えばよかったなと思っている。ゴールドはチープさはかなり目立つ。まぁPCなんてきれいに飾り立てるものでもないし、私は文房具感覚で使い捨てにするつもりでこのPCを購入したので、機体外観や機体デザインについてはまったくマイナスにはならない。

ASUS VivoBook E200HA ホワイト

以上のことから、機体のパフォーマンスを考慮したうえで、ある程度使い方を限定できるならば、非常におすすめできるノートPCだ。ただ、万人におすすめできるPCではないことはご注意いただきたい。