屋内TVアンテナをWiFi化してスマフォやタブレットでTVを見る ~「DXメディアコンセント」のレビュー~


DXアンテナ株式会社の「DXメディアコンセント」はiOSやAndoroidのスマートフォンやタブレットでTVを見ることが出来る機器である。
先日、この「DXメディアコンセント」を我が家に導入したのでそれのレビューをしてみようと思う。

DXアンテナ株式会社「DXメディアコンセント」

この機器を一言で言えば、屋内のTVアンテナをWiFiに変換する機器である。この機器を設置すると、専用アプリを使ってスマフォやタブレットでTVを視聴できるようになる。
WiFiは既存の無線LANルータを使用して家庭内LAN内に飛ばす形になる。
また、使用するTVの電波はワンセグではなくフルセグになる。

設置方法と設定方法はとても単純かつ簡単だ。
DXメディアコンセントをTVアンテナ端子にぶっ刺して、「AOSS」や「らくらく無線スタート」などの簡単WiFiセットアップ(WPS)をつかって無線LANルータと接続するだけ(逆にこれしか設定方法がない)。
また、機器がTVアンテナ端子にそのまま刺さるので、ケーブルやアダプタは不要である。
家庭内無線LANに接続完了後はスマフォで専用アプリを立ち上げると、自動的にDXメディアコンセントを認識してスマフォにTV画面が表示される。

実のところ、このDXメディアコンセントは類似の製品があまりみあたらない。
TVアンテナを接続できる無線LANルータや、車載用ワンセグ受信機器は他社からいくつか販売されているのだが、屋内にあるTVアンテナ端子をWiFiに変換するお手軽な機器はあまりない。
(・・というか屋内でTV見るなら普通にテレビで見ろよ、って話なんだろうけど)
普通、無線LANルータなんてすでに一家に一台あることが多く、TVを見るためだけに1万円以上の投資をして、TVチューナー付無線LANルータをわざわざ新設するのも無駄というものだ。
また、車載用のチューナーは基本的にワンセグのため、受信感度は機器のアンテナと建物のレイアウトなどに左右される。つまり、機器の設置場所によっては、ワンセグ電波の受信状況が悪く、画像がまったく映らないこともかなりの確率で起こりうる。
ぶっちゃけ、TVが見られるならワンセグでもかまわないのだが、家の中のどこでも「確実に」TVを見ることができる環境がほしいのだ。場所によって映ったり映らなかったりは正直こまる。その点、DXメディアコンセントは屋内のTVアンテナ端子を使用するので確実にTV電波を得ることができるし、WiFiが届く場所であれば映像が乱れることもない。
加えて、DXメディアコンセントの利点として最も大きいのが、価格が非常に手頃なのだ。
Amazonなどで5000円以下で購入できる。
これならあまり深く予算のことを考えずに購入できる価格帯だ。

我が家では、iPadを使ってTVを見たい、朝は台所で、夜はベッドの中で、という希望からDXメディアコンセントを導入した(なお我が家にはTVという家電は一台も存在していない)。
実際にDXメディアコンセントを設定してiPadでTVを視聴したところ、何の違和感も無くTVを視聴することができた。
画像が停止することも一切なく、まさにiPadがそのままTVになった。
正直、ここまでストレス無くTVが見れるとも思っていなかったし、箱出しから10分で設定が終わるとも思っていなかった。
5000円弱の投資でiPadがTV化できるならば、非常にお買い得だと思う。
別宅にもう一台買ってしまおうかと思っているくらいだ。

唯一不安なのが「モアテレビ」という専用アプリの存在だ。
ただ、アプリの品質を問題視しているわけではない。
この専用アプリ「モアテレビ」の出来は非常によい。
余計な機能が一切無く、操作に迷うこともない。
起動も早い。
動作には一切文句はない。
しかし、おそらくDXアンテナ株式会社が独自で作っているアプリだと思われるが、今後のiOSやAndoroid OSのアップデートに対応してくれるのか?という点が非常に不安だ。
iOSやAndorid OSがアップデートされた場合、セキュリティや他アプリの都合上、iOSやAndoroid OSをアップデートしないわけにはいかない。
しかし、モアテレビが新バージョンのOSに対応してくれない場合は、モアテレビが使えず(最悪の場合、アプリの起動すらできなくなる)DXメディアコンセント自体がゴミと化す。
機器のコンセプトやレスポンスが非常に良いだけに、いろいろな機器で長く使い続けたいが、ベンダーのアプリ保守体制だけが非常にきがかりだ。

2014年10月~11月のサイトを閲覧したスマフォ・タブレットの機種別シェア


直近30日分のGoogle アナリティクス 解析結果にて。

ちなみにこのサイトじゃないよ。

俺がやっているWEBサービスのTOPページです。

言っときたい事は、このサイトのように、其の筋の人間が多いサイトじゃないってこと。システム関係の人間じゃない方々が8割以上なのは確か。

やっぱりiPhone, iPadがおおいなー。appleシェアが落ちてるとはいえ、やっぱりスマフォ・タブレット対応の最有力はまだまだiPhone, iPadなんだね。

ちょっとびっくりなのはWindows RT Tabletが以外と多い事。

Windows RT、シェアのばしてるねー。

Windows 7(Vistaでも一緒)をDLNAサーバにする時のフォルダセキュリティの注意点


Windows 7(Vistaでも一緒)のWindows Media Player 12でコンテンツを管理しながら、使っているPCをDLNAサーバににして、モバイル端末やPS3でコンテンツを楽しみたい場合について。

まぁ、Windows Media Player での設定方法は↓などのサイトに詳しく書いてくれているのでそちらを参考にしてほしいのだけど、

一つだけ注意点がある。

それは、「C:¥Users¥ユーザ名¥Music」にあるフォルダを追加する分には何もする必要がないんだけど、それ以外の例えば「D:¥music¥」等を追加する場合には、このフォルダのアクセス許可に「HomeUsers」のユーザ(これはグループだね)を追加してやらなければ、外部デバイスからこのフォルダのファイルにアクセスすることができない。

フォルダのアクセス許可に新しいユーザを追加する方法については、ついさっき↓のエントリで書いておいたので参考にしてほしい。




iPhone5テザリングをメイン回線とできるか?


もしau iPhone5のテザリングを使用してネット接続をしようとした場合、au LTEプランの制限である「月間7GB」という制限が実際にどういう値になるのか考察してみた。

前提条件として、一日のネット通信時間を10時間とみている。そしてLINEやSkypeなどでのテキスト通信など常時稼働しているアプリケーションの同期通信量を100KB/分と見積もっている。もちろんDropboxやらSkydriveなどのクラウドストレージを使っていて、ファイル同期を行っている場合にはこれが上乗せされるので注意すること。

一日当たりの通信料概算

  • ページ閲覧:300ページ × 0.5MB/ページ = 150MB
  • 動画閲覧:10本 × 50MB/1本 = 500MB
  • アプリ稼働:600分(10時間) × 0.1MB/分 = 60MB
  • 一日当たりの通信料(小計):710MB
  • 月間の通信料(合計):710MB × 30日間 = 21,300MB = 21.3GB

さて、フルフルでiPhone5テザリングを使用していると「21.3GB/月」とまったく足らない計算になる。表題を受けての結論としては「俺の場合はiPhone5テザリングだけじゃ絶対ムリ」となる。したがって、家の固定回線やらWiFiスポットと併用することになるわけだけど、その割合を単純計算すると・・・・

7GB ÷ 21.3GB ≒ 0.33 ≒ 33%

つまり一日10時間のうち、33%=3時間強までテザリングで通信可能となるわけだ。

俺の場合は、そんなに毎日モバイル環境で仕事をしているわけではないので、平均一日3時間もあれば十分だが、これいじょうとなるとauの場合は「2GBあたり2625円」という追加料金が必要になってくるが、そんなに使うんだったらWiMAX(¥3800円/月)でも契約すれば?ってなるけわけだ・・・

いまは前エントリでも書いた通り、今我が家では「WiMAX+ガラケ+iPod Touch」という組み合わせで、WiMAXを家内主回線&モバイル回線兼用で使っているのだけれど、それを「光回線等の固定回線+iPhone5テザリング」に切り替えたとしても、iPhone5テザリングを活用すれば、モバイル環境ではWiMAX無しでも困らない、ということになる。まぁiPhone5テザリングって速度でんの?ってのは気になるけどね。

「WiMAX(内外兼用)+ガラケ+iPod」運用と「家固定ネット回線+iPhone等スマフォ」運用の比較


このエントリでは「少しでもお金をかけず、モバイルも、家ネットも充実させたい」となった場合、その際に出るであろう選択肢の「WiMAX(家内外兼用)+ガラケ+iPod」運用「家固定ネット回線+iPhone等スマフォ」運用のどっちのコスパがいいのよ?というものを整理&検討してみた。

というのは、俺が「WiMAX+ガラケ+iPod」運用をしており、使用感や注意点も含めて色々と書くべきことがあったので書いてみた。後の方達の参考になれば。

費用から比較してみる

「WiMAX+ガラケ+iPod」の費用

  • WiMAX:約¥3,800/月々
  • ガラケ:約¥2,000弱/月々
  •  (↑通話はできるだけしない、としてプランSSを適用。)
  • iPod等端末:¥770/月々
  •  (↑iPod touchを購入すると下場合。費用算出根拠は以下※を参照。)
  • 合計:¥6,570/月々

※iPod touch 32GB版(第4世代)の実売価格¥18,500前後
 (↑24ヶ月割と考えると上記にプラス¥770/月々)
※au HTC社製Android端末 ISW12HT ヤフオクでの相場¥8,000前後
 (↑24ヶ月割と考えると上記にプラス¥333/月々)
※新iPad 16GB版の実売価格¥40,000前後
 (↑24ヶ月割と考えると上記にプラス¥1667/月々)

「家固定ネット回線+iPhone等スマフォ」の費用

  • 家固定ネット回線:約¥4,000/月々
  •  (↑光固定回線、キャッシュバック適用、2年間計算の費用)
  • iPhne等スマフォ:約¥6,000/月々
  •  (↑スマートバリュー等の割引制度を使わない場合)
  • 合計:¥10,000/月々

上の費用合計をみると約1.5倍の開きがある。

なお、これにプラスアルファ通話料が必要になるが、これは双方一緒なので省略する。なので実質支払い費用は双方もうすこし加算される。

また、家族割やスマートバリューなどの割引を適用できる場合が多々あるので、そこらへんを考えると費用差はもっと縮むと思われる。

費用の差を踏まえて、次にメリット・デメリットを整理

「WiMAX+ガラケ+iPod」の場合

  • ■メリット:
    • モバイルでも回線速度が結構早い
    •  (↑少しでも電波が入っていれば、携帯キャリア通信よりも早い速度がでる)
    • ノートPCやタブレットなどのモバイル機器を増やしてもネット接続に制限がない
    • 通話しながらネット接続ができる
    • スカイプや050Plus、Facetimeなどの無料通話アプリと相性がよく、通話料を圧縮できる
  • ■デメリット:
    • WiMAXの電波が意外に入らない
    •  (↑郊外にいくとほとんど入らず、建物に入るとWiMAXの電波はいきなり弱くなる)

「家固定ネット回線+iPhone等スマフォ」の場合

  • ■メリット:
    • 家でのネット回線速度が爆速
    • 外出先で「ネットにつながらない」ということがほとんどない
  • ■デメリット:
    • 回線速度が遅い
    • ノートPCやタブレットなどのモバイル機器を増設するとネット接続に制限がでる
    •  (↑テザリングの通信料に制限があったり・・・)
    • 通話中はネット通信できない

以上を踏まえて、各自が確認すべきポイントを整理

というより、「WiMAX+ガラケ+iPod」運用で行けるかどうか?について確認すべき点を列挙する。以下の確認点で一つでもNOとなった場合には、まよわず「家固定ネット回線+iPhone等スマフォ」もしくは別の組み合わせを検討するべきだ。

  • 自分の活動エリアのWiMAXは十分な速度がでているか?
  • 自宅内のWiMAX電波強度はある程度確保できているか?
  • 複数の機器類(モバイルルータ+ガラケ+端末各種)を常に持ち歩くことに対して抵抗はないか?
  • (iPod等の小型端末以外の)ノートPCやタブレットなどの機器をモバイル環境で使用するか?

ほぼWiMAXのネタになるのでTry WiMAXなどを試用して試してみることをお勧めする。

「WiMAX+ガラケ+iPod」運用にした場合の疑問点を先んじて答えておく。

GPSはイラナイ?

関西阪神間利用だが、iPod touchのWiFi位置情報取得機能でそこまで不都合を感じない。郊外であってもWiMAX可能エリアであれば、それほどの狂いなく現在位置を表示できている。またau Android機でGPSを搭載しているHTC社製ISW12HTと比べても遜色ない。というか、逆にISW12HTはGPS測位スピードが遅すぎて使い物にならないけど・・・

WiMAXのバッテリーは持つの?

まず、長時間のモバイル運用であるなら迷わずUSBのモバイルバッテリーを購入&所持すべき。ただ、単体でも6~7時間は持つので、半日程度の打ち合わせ外出レベルであれば全く問題ない。丸一日外出、となった場合は夕方以降にモバイルバッテリーが活躍するだろう。

プッシュ通知系メッセージアプリ(SMSとかメールとかメッセージとかLINEとか)ってちゃんと使えてる?

全く問題ない。WiMAX可能エリアであればiPod touchからiPhoneの番号へSMSが送信できるし、LINEもほぼリアルタイムにプッシュ通知してくる。白ロムAndroid機も同様に問題なく使えている。Skype?なにそれ?美味いの?

カメラはしょぼくない?

正直、iPhoneとiPod touchの優劣は感じない。画素数は違うが、中の描画エンジンが非常に優秀なのでどちらも非常にキレイだ。この差を気にするレベルならミラーレス小型一眼デジとかを持ち歩こうよ、ってなる。ただし、Andoroid機は個体差が激しいので注意が必要。

iPod等の端末のバッテリーは持つ?

iPodは非常に優秀。ISW12HTは正直ゴミクズ。しかし、モバイルバッテリーを共用しているので、とくに不都合を感じたことは無い。

持ち物多くて嫌にならない?

正直、そう思う事は多々ある。仕事ではノートPCとお供するのでそこまで気にならないが、ちょっと近くのコンビニに買い物、となったときに「WiMAX+ガラケ+iPod」の三つは正直シンドイのでガラケのみで外出することもある。最近はLINEで連絡を取ることが多くなったので「ガラケがお留守番」することも多くなったけど・・・・

超有名インターネットラジオ「AccuRadio」がAndroidにねぇぞとお嘆きのあなた「SKY.FM Internet Radio」が最高っす


言いたいことは表題で言っちゃったんで特にないんだけど、この「SKY.FM」って「AUDIOADDICT INC」って会社がやってて、ここのアプリって総じて評価が高い。

おれも「SKY.FM」以外にも「Jazz Radio」ってのを使ってる。「Jazz Radio」ってのは「SKY.FM」よりももうちょっとJAZZのジャンルをふやした同じようなアプリ。こっちもかなり使い勝手がいいからおすすめ。たぶん、課金すると広告が消えて音質の良いものが配信されるんだと思う。まぁイラねぇけど。

ってか、なんで「AccuRadio」はAndroid版つくらないのかね?

【モバイル回線使用限定】スマホでradikoのエリア判定を切り替える方法


<前提条件>

  • モバイル回線(WiMAX,イーモバなど)のWiFiに接続されている。
  • 東京地域以外の場所にいる。

<手順>

  • 1)radikoが起動しているならプロセスキルする。
  • 2)「設定→位置情報サービス→radiko.jp→オフ」にする。
  • 3)radiko再起動。
  • 4)選局しなおす。

<注意点>

  • WiMAXでしかテストしていません。ほかのモバイル回線でも可能だと思います。
  • iPod touchでしかテストしていません。たぶんiPhoneやAndroid機でも可能だと思います。
  • テストしたエリアは大阪⇔東京です。
  • radiko再起動の選局で切り替わらない場合は、GoogleマップのWiFi位置情報検索などで位置情報を特定しておいてあげるとスムーズかと。