iPhone5テザリングをメイン回線とできるか?


もしau iPhone5のテザリングを使用してネット接続をしようとした場合、au LTEプランの制限である「月間7GB」という制限が実際にどういう値になるのか考察してみた。

前提条件として、一日のネット通信時間を10時間とみている。そしてLINEやSkypeなどでのテキスト通信など常時稼働しているアプリケーションの同期通信量を100KB/分と見積もっている。もちろんDropboxやらSkydriveなどのクラウドストレージを使っていて、ファイル同期を行っている場合にはこれが上乗せされるので注意すること。

一日当たりの通信料概算

  • ページ閲覧:300ページ × 0.5MB/ページ = 150MB
  • 動画閲覧:10本 × 50MB/1本 = 500MB
  • アプリ稼働:600分(10時間) × 0.1MB/分 = 60MB
  • 一日当たりの通信料(小計):710MB
  • 月間の通信料(合計):710MB × 30日間 = 21,300MB = 21.3GB

さて、フルフルでiPhone5テザリングを使用していると「21.3GB/月」とまったく足らない計算になる。表題を受けての結論としては「俺の場合はiPhone5テザリングだけじゃ絶対ムリ」となる。したがって、家の固定回線やらWiFiスポットと併用することになるわけだけど、その割合を単純計算すると・・・・

7GB ÷ 21.3GB ≒ 0.33 ≒ 33%

つまり一日10時間のうち、33%=3時間強までテザリングで通信可能となるわけだ。

俺の場合は、そんなに毎日モバイル環境で仕事をしているわけではないので、平均一日3時間もあれば十分だが、これいじょうとなるとauの場合は「2GBあたり2625円」という追加料金が必要になってくるが、そんなに使うんだったらWiMAX(¥3800円/月)でも契約すれば?ってなるけわけだ・・・

いまは前エントリでも書いた通り、今我が家では「WiMAX+ガラケ+iPod Touch」という組み合わせで、WiMAXを家内主回線&モバイル回線兼用で使っているのだけれど、それを「光回線等の固定回線+iPhone5テザリング」に切り替えたとしても、iPhone5テザリングを活用すれば、モバイル環境ではWiMAX無しでも困らない、ということになる。まぁiPhone5テザリングって速度でんの?ってのは気になるけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です